経審(経営事項審査)と経営状況分析の解説

経審(経営事項審査)と経営状況分析の解説 >  経営状況分析評点Y計算式

経営状況分析評点Y計算式 | 経営状況分析手数料5千円

経営状況分析評点Yは、経審(経営事項審査)のうち、経営状況を審査する評点です。

「負債抵抗力」「収益性・効率性」「財務健全性」「絶対的力量」の4つについて、 それぞれ2指標ずつ合計8指標から各点数を算出して、経営状況評点Yを算出します。

経営状況評点Y = 167.3 × A(経営状況分析点数) + 583
  (*1)小数点以下第1位を四捨五入
  (*2)最低点は0点、最高点は1,595点です。

経営状況分析点数A

経営状況分析点数A = -0.4650 × X1 – 0.0508 × X2 + 0.0264 × X3 + 0.0277 × X4
           + 0.0011 × X5 + 0.0089 × X6 + 0.0818 × X7 + 0.0172 × X8 + 0.1906
  (*)小数点以下第3位を四捨五入

X1:純支払利息比率
X2:負債回転期間
X3:総資本売上総利益率
X4:売上高経常利益率
X5:自己資本対固定資産比率
X6:自己資本比率
X7:営業キャッシュフロー(絶対額)
X8:利益剰余金(絶対額)

負債抵抗力

記号 経営状況分析の指標 単位 算出式 上限
下限
良い方
X1 純支払利息比率 % (支払利息-受取利息配当金)/売上高×100 5.1
-0.3
X2 負債回転期間 ヶ月 負債合計/(売上高÷12) 18.0
0.9

収益性・効率性

記号 経営状況分析の指標 単位 算出式 上限
下限
良い方
X3 総資本売上総利益率 % 売上総利益/総資本(2期平均)×100 63.6
6.5
X4 売上高経常利益率 % 経常利益/売上高×100 5.1
-8.5

総資本は、貸借対象表の負債純資産合計です。
総資本(2期平均)が3千万円に満たない場合は、3千万円とします。
個人の場合は、経常利益ではなく、事業主利益を使用します。

財務健全性

記号 経営状況分析の指標 単位 算出式 上限
下限
良い方
X5 自己資本対固定資産比率 % 自己資本/固定資産×100 350.0
-76.5
X6 自己資本比率 % 自己資本/総資本×100 68.5
-68.6

自己資本は貸借対照表の純資産合計です。
連結決算の場合は、(純資産合計-少数株主持分)になります。

絶対的力量

記号 経営状況分析の指標 単位 算出式 上限
下限
良い方
X7 営業キャッシュフロー(絶対額) 億円 営業キャッシュフロー(二期平均)/1億 15.0
-10.0
X8 利益剰余金(絶対額) 億円 利益剰余金/1億 100.0
-3.0

営業キャッシュフローはこちらをご覧下さい。
利益剰余金は、個人の場合は、貸借対照表の純資産合計になります。

経営状況分析評点Yチェックシート

経審ソフト 経審大臣(R)シリーズでは、 経営状況分析評点Yの計算に使用する金額と計算過程の点数等をエクセルファイルとして作成する 経営状況分析評点Yチェックシート 作成機能があります。

12ヶ月に満たない新設法人は0点

決算期が12ヶ月に満たない新設法人の経営状況分析評点Yは0点になります。 詳細はこちらをご覧下さい。

経営状況分析手数料5千円

(株)建設業経営情報分析センターでは、 分析手数料5千円(税別)経営状況分析申請を受け付けています。 初めての経営状況分析申請はこちら経営状況分析申請時に多い修正はこちら経営状況分析申請書に多い修正はこちらをご覧下さい。

【サイト運営者】   【免責事項】


トップ
経審申請(経営事項審査申請)
 ・経営状況分析申請
 ・経営規模・総合評定値請求
総合評点P
完成工事高評点X1
経営規模評点評点X2
経営状況分析評点Y
技術力評点Z
その他評点W
経審改正(経営事項審査改正)
建設業業種区分
関連情報
 ・初めての経営状況分析申請
 ・経営状況分析申請書
 ・経営状況分析結果通知書