経審(経営事項審査)の解説

経審(経営事項審査)の解説 >  建設業業種区分

建設業業種区分 | 経審(経営事項審査)の解説

建設業は、以下の29の業種区分に分けられます。

業種コード:工事種類

010:土木一式工事 020:建築一式工事 030:大工工事
040:左官工事 050:とび・土工・コンクリート工事 060:石工事
070:屋根工事 080:電気工事 090:管工事
100:タイル・れんが・ブロック工事 110:鋼構造物工事 120:鉄筋工事
130:舗装工事 140:しゅんせつ工事 150:板金工事
160:ガラス工事 170:塗装工事 180:防水工事
190:内装仕上工事 200:機械器具設置工事 210:熱絶縁工事
220:電気通信工事 230:造園工事 240:さく井工事
250:建具工事 260:水道施設工事 270:消防施設工事
280:清掃施設工事 290:解体工事  

その他工事

建設業許可を有しない業種区分における完成工事高や経審申請対象外の完成工事高については、「その他工事」に計上します。 その他工事についてはこちらをご覧下さい。

完成工事高/兼業事業売上高の判断

上記の業種区分に含まれない「除雪、除草、草刈、剪定、点検」などの売上は、兼業事業売上高として計上する必要があります。 但し、建設工事の完成を目的とした契約に含まれる場合には、完成工事高に含めることができます。 「完成工事高あるいは兼業事業売上高」のどちらに含まれるかの最終的な判断は、 経営規模等評価申請時に許可行政庁が行いますので、 個別の案件につきましては、許可行政庁にお問い合わせ頂くことをお勧めします。
   国土交通省 許可行政庁一覧表

建設業業種区分の内容、例示、区分の考え方

建設業許可事務ガイドラインについてはこちらをご覧下さい。
  国土交通省 建設業許可事務ガイドライン 最終改正 令和元年5月7日国土建第 72 号 建設業許可事務ガイドラインについて

業種区分についてはこちらをご覧下さい。
  国土交通省 (参考)建設工事の内容、例示、区分の考え方一覧(平成29年11月10日から適用) (参考)建設工事の内容、例示、区分の考え方一覧(平成29年11月10日から適用)

国土交通省のガイドライン・マニュアルはこちらをご覧下さい。

経営状況分析手数料 7千円(税別)

(株)建設業経営情報分析センターでは、 分析手数料7千円(税別)。クレジットカード払い可。 資料請求でフリーソフトを無料送付。 結果通知書はレターパックプラスで発送。北海道・九州でも主要都市なら発送後翌日着。 代理申請でも結果通知書を直接建設会社に発送可。


トップ
免責事項
サイト運営者
経審申請(経営事項審査申請)
経営状況分析申請
経営規模・総合評定値請求
経営規模 手数料一覧表
工種間完工高積み上げ(振替)
総合評点P
完成工事高評点X1
経営規模評点評点X2
経営状況評点Y
技術力評点Z
その他評点W
技術職員資格区分
建設業業種区分
特殊事例
経審改正
関連サイト
建設業財務諸表解説
経審ランキング