経審(経営事項審査)の解説

経審(経営事項審査)の解説 >  建設業業種区分
              >  とび・土工・コンクリート工事・解体工事(経過措置)

とび・土工・コンクリート工事・解体工事(経過措置)

とび・土工・コンクリート工事・解体工事(経過措置)」は、解体工事業追加に伴う経過措置として、 2016年6月1日から2019年5月31日までの3年間施行されます。 経過措置の期間中は、とび・土工・コンクリート工事の許可を持っていれば、解体工事業の工事を施工できますが、 経過措置が終了すると、解体工事業の許可を持っていないと、解体工事業の工事を施工できなくなります

経過措置の技術者資格区分はこちらをご覧下さい。 経過措置のため、1人の技術者について2業種までという制約が変更になりました。 詳細は業種コードと加点業種の関係をご覧下さい。

「とび・土工・コンクリート工事・解体工事(経過措置)」の種類別完成工事高業種コードは「300技術者資格業種コードは「99になります。

経過措置の期間内に、「とび・土工・コンクリート工事」または「解体工事」 の経審受審をする場合には、「とび・土工・コンクリート工事・解体工事(経過措置)」についても記載が必要です。

解体工事業追加に伴う経過措置は本年5月31日に終了します

解体工事業追加に伴う経過措置は、2019年5月31日に終了します。 経過措置が終了すると、解体工事業の許可を持っていないと、解体工事業の工事を施工できなくなりますので、ご注意下さい。

なお、経過措置期間内に解体工事業に係る許可申請をした、経過措置とび・土工工事業者については、経過措置期間の経過後、 申請に対する許可又は不許可の処分があるまでの間は、解体工事業に係る許可を受けないでも、引き続き当該営業を営むことができます。

国土交通省通知はこちらをご覧下さい。

完成工事高・元請完成工事高

解体工事の許可を持っている場合には、「とび・土工・コンクリート工事・解体工事(経過措置)」の(元請)完工高は、 とび・土工・コンクリート工事」と 「解体工事」の(元請)完工高の合計を記載します。

解体工事の許可を持っていない場合には、解体工事の(元請)完工高は、「その他工事」に合算します。 このため、解体工事の許可を持っていない場合には、「とび・土工」の(元請)完工高よりも、 「とび・土工・コンクリート工事・解体工事(経過措置)」の(元請)完工高のほうが、金額が大きくなります。

技術職員

「とび・土工・コンクリート工事業」の業種コード「05」が記入された技術職員は、 「とび・土工・コンクリート工事業」及び「とび・土工・コンクリート工事・解体工事(経過措置)」の技術職員として審査されます。

「解体工事業」の業種コード「29」が記入された技術職員は、 「解体工事業」及び「とび・土工・コンクリート工事・解体工事業(経過措置)」の技術職員として審査されます。

「とび・土工・コンクリート工事・解体工事業(経過措置)」の業種コード「99」が記入された技術職員は、 「とび・土工・コンクリート工事業」、「解体工事業」及び「とび・土工・コンクリート工事・解体工事業(経過措置)」 の技術職員として審査されます。

国土交通省 ウェブサイト

国土交通省 「建設業法施行規則の一部を改正する省令」の公布について


トップ
免責事項
サイト運営者
経審申請(経営事項審査申請)
経営状況分析申請
経営規模・総合評定値請求
経営規模 手数料一覧表
総合評点P
完成工事高評点X1
経営規模評点評点X2
経営状況評点Y
技術力評点Z
その他評点W
技術職員資格区分
建設業業種区分
特殊事例
経審改正
関連サイト
建設業財務諸表解説
経審ランキング