経審(経営事項審査)の解説

経審(経営事項審査)の解説 >  建設業業種区分 >  その他工事

その他工事 | 建設業業種区分 | 経審(経営事項審査)の解説

以下に該当する完成工事高は、「その他工事」として計上します。

  1. 建設業許可を持っていない業種区分における完成工事高
  2. 経審申請対象外の業種区分における完成工事高

解体工事の許可を有していない場合の解体工事完成工事高も、「その他工事」に計上します。

工事経歴書

「その他工事」に計上する場合にも、その該当業種ごとに工事経歴書を作成する必要があります。

また、500万円以上(建築一式は1,500万円以上)の工事を請け負う場合には、建設業許可が必要ですので、 「その他工事」に1件の請負代金の額が500万円を超える工事が計上されることはありません。

兼業事業売上高として計上するもの

建設業業種区分に属さない「除雪、除草、草刈、剪定、点検」などの売上は、 兼業事業売上高として計上する必要があります。 但し、建設工事の完成を目的とした契約に含まれる場合には、完成工事高に含めることができます。


トップ
免責事項
サイト運営者
経審申請(経営事項審査申請)
経営状況分析申請
経営規模・総合評定値請求
経営規模 手数料一覧表
工種間完工高積み上げ(振替)
総合評点P
完成工事高評点X1
経営規模評点評点X2
経営状況評点Y
技術力評点Z
その他評点W
技術職員資格区分
建設業業種区分
解体工事
その他工事
特殊事例
経審改正
関連サイト
建設業財務諸表解説
経審ランキング