経審(経営事項審査)の解説

経審(経営事項審査)の解説 >  その他評点W >  若年技術者の育成及び確保の状況点数

若年技術者の育成及び確保の状況点数 | その他評点W

若年技術者の育成及び確保の状況点数は、若年技術者(35歳未満)の継続雇用新規雇用について、 各1点加算されます。

若年技術者の育成及び確保の状況点数 該当 非該当
継続雇用(35歳未満が15%以上) 1点 0点
新規雇用(35歳未満新規が1%以上) 1点 0点

該当/非該当の判定は。以下の3つの技術職員数から判定します。

技術職員数(A)

技術職員数(A)は、技術職員名簿に記載された全ての人数です。

若年技術職員数(B)

若年技術職員数(B)は、技術職員名簿に記載された人のうち、「満年齢」欄が34歳以下(~34歳まで)の人数です。

新規若年技術職員数(C)

新規若年技術職員数(C)は、技術職員名簿に記載された人のうち、「満年齢」欄が34歳以下(~34歳まで)で、 かつ、「新規掲載者」欄に○印を記入した人数になります。

若年技術者(35歳未満)の継続雇用

審査基準日時点で、35歳未満技術職員数(B)が、 技術職員数(A)の15%以上のとき1点の加点になります。

以下の条件式を満足したとき、+1点です。
  若年技術職員数(B) >= 技術職員数(A) × 0.15

経審大臣(R)シリーズ 技術職員名簿作成機能の 「生年月日 若い順」の並び替え機能を使用すれば、 35歳未満技術職員数の確認が簡単に行えます。

若年技術者(35歳未満)の新規雇用

審査基準日から遡って1年以内に新たに技術職員となった35歳未満技術職員数(C)が 審査基準日における技術職員数(A)の1%以上のとき1点の加点になります。

以下の条件式を満足したとき、+1点です。
  新規若年技術職員数(C) >= 技術職員数(A) × 0.01

若年技術者(35歳未満)の判断

若年技術者(35歳未満)については、審査基準日において満35歳未満の人が加点評価対象になります。
(*)満年齢は、審査基準日(直前決算の期末日)時点の満年齢になります。

技術職員名簿を使って判定

若年技術者の育成及び確保の状況点数は、技術職員名簿を使って判定します。

平成27年4月経審改正で追加

若年技術者点数は、平成27年4月経審改正で追加されました。


トップ
免責事項
サイト運営者
経審申請(経営事項審査申請)
経営状況分析申請
経営規模・総合評定値請求
経営規模 手数料一覧表
工種間完工高積み上げ(振替)
総合評点P
完成工事高評点X1
経営規模評点評点X2
経営状況評点Y
技術力評点Z
その他評点W
労働福祉点数
営業継続点数
防災協定点数
法令遵守状況点数
建設業経理の状況点数
研究開発の状況
建設機械の保有状況点数
国際標準化の登録状況
若年技術者育成確保
技術職員資格区分
建設業業種区分
特殊事例
経審改正
関連サイト
建設業財務諸表解説
経審ランキング