経審(経営事項審査)の解説

経審(経営事項審査)の解説 >  経営状況評点Y

経営状況評点Y | 1月から経営状況分析手数料7千円

経営状況評点Yは、経審(経営事項審査)のうち、経営状況を審査する評点です。

「負債抵抗力」「収益性・効率性」「財務健全性」「絶対的力量」の4つについて、 それぞれ2指標ずつ、合計8指標から経営状況評点Yを算出します。

経営状況評点Y = 167.3 × A(経営状況点数) + 583
  (*1)小数点以下第1位を四捨五入
  (*2)最低点は0点、最高点は1,595点です。

経営状況分析手数料 1月から7千円(税別)

(株)建設業経営情報分析センターでは、 分析手数料5千円(税別)で経営状況分析申請を受け付けています。 資料請求でフリー版ソフトを無料送付。 (*)経営状況分析手数料は1月から7千円(税別)になります。

経営状況点数A

経営状況点数A = -0.4650 × X1 – 0.0508 × X2 + 0.0264 × X3 + 0.0277 × X4
           + 0.0011 × X5 + 0.0089 × X6 + 0.0818 × X7 + 0.0172 × X8 + 0.1906
  (*)小数点以下第3位を四捨五入

  1. X1:純支払利息比率
  2. X2:負債回転期間
  3. X3:総資本売上総利益率
  4. X4:売上高経常利益率
  5. X5:自己資本対固定資産比率
  6. X6:自己資本比率
  7. X7:営業キャッシュフロー(絶対額)
  8. X8:利益剰余金(絶対額)

負債抵抗力

記号 経営状況分析の指標 単位 算出式 上限
下限
良い方
X1 純支払利息比率 % (支払利息-受取利息配当金)/売上高×100 5.1
-0.3
X2 負債回転期間 ヶ月 負債合計/(売上高÷12) 18.0
0.9

収益性・効率性

記号 経営状況分析の指標 単位 算出式 上限
下限
良い方
X3 総資本売上総利益率 % 売上総利益/総資本(2期平均)×100 63.6
6.5
X4 売上高経常利益率 % 経常利益/売上高×100 5.1
-8.5

総資本は、貸借対象表の負債純資産合計です。
総資本(2期平均)が3千万円に満たない場合は、3千万円とします。
個人の場合は、経常利益ではなく、事業主利益を使用します。

財務健全性

記号 経営状況分析の指標 単位 算出式 上限
下限
良い方
X5 自己資本対固定資産比率 % 自己資本/固定資産×100 350.0
-76.5
X6 自己資本比率 % 自己資本/総資本×100 68.5
-68.6

自己資本は貸借対照表の純資産合計です。
連結決算の場合は、純資産合計-少数株主持分になります。

絶対的力量

記号 経営状況分析の指標 単位 算出式 上限
下限
良い方
X7 営業キャッシュフロー(絶対額) 億円 営業キャッシュフロー(二期平均)/1億 15.0
-10.0
X8 利益剰余金(絶対額) 億円 利益剰余金/1億 100.0
-3.0

利益剰余金は、個人の場合は、貸借対照表の純資産合計になります。


トップ
 ・
免責事項
 ・サイト運営者
経審申請(経営事項審査申請)
 ・経営状況分析申請
 ・経営規模・総合評定値請求
 ・工種間完工高積み上げ(振替)
総合評点P
経営状況評点Y
技術力評点Z
その他評点W
技術職員資格区分コード
経審改正(経営事項審査改正)
建設業業種区分