経審(経営事項審査)の解説

経審(経営事項審査)の解説 >  技術力評点Z

技術力評点Z | 経営状況分析手数料7千円(税別:CIAC.JP)

技術力評点Zは、経審(経営事項審査)のうち、技術力を審査する評点で、 技術者の資格元請完工高から、 業種区分ごとに評点を算出します。

技術力評点Z = ((技術職員数点数Z1×4)+元請完工高点数Z2)/5
      (*)小数点以下は切り捨て

国交省 CCUS活用「能力評価基準」で3職種を初認定

国土交通省は、建設キャリアアップシステム(CCUS)を活用し、建設技能者のレベルを4段階に分ける能力評価基準を8日に初認定します。
   2019年10月8日 国交省/CCUS活用「能力評価基準」で3職種を初認定

国交省 中建審に経審改正案提示、技術職員数(Z1)改正は20年4月施行予定

国土交通省は、中央建設業審議会の総会を開き、経営事項審査(経審)の改正案を提示しました。
   2019年9月17日 建設工業新聞記事  国交省/中建審に経審改正案提示

PC、法面、鋼橋上部は、内訳を別途算出

土木一式工事では「プレストレストコンクリート構造物工事(PC)」を、 とび・土工・コンクリート工事では「法面工事」を、 鋼構造物工事では「鋼橋上部」を、内訳として別途、技術力評点Zを算出します。

なお、内訳として算出するのは、元請完工高点数Z2のみで、 技術職員数点数Z1については内訳として算出しません。 (*)土木一式工事、とび・土工・コンクリート工事、鋼構造物工事の技術職員数をそのまま使用します。

資格区分コードは選択入力

経審ソフト経審大臣(R)シリーズの 技術職員名簿作成機能では、 資格区分コードはドロップダウンリストから選択するだけです。 業種チェック機能で、 使用できない業種コードで申請することもありません。 フリー版もあります。資料請求でフリー版を無料でお送りしています。

経審ソフト経審大臣(R)シリーズはシミュレーションにも対応

経審ソフト経審大臣(R)シリーズは、 個別の金額・評価項目を変更したときに、どう評点が変わるかを簡単に把握できるシミュレーション機能もサポートしています。 JV・決算期変更・連結決算・財務諸表直前三期比較に対応した 経審大臣(R)Super+もあります。

経営状況分析手数料 7千円(税別:CIAC.JP)

(株)建設業経営情報分析センターでは、 分析手数料7千円(税別)。クレジットカード払い可。 資料請求でフリーソフトを無料送付。 結果通知書はレターパックプラスで発送。北海道・九州でも主要都市なら発送後翌日着。 代理申請でも結果通知書を直接建設会社に発送可。


トップ
免責事項
サイト運営者
経審申請(経営事項審査申請)
経営状況分析申請
経営規模・総合評定値請求
経営規模 手数料一覧表
工種間完工高積み上げ(振替)
総合評点P
完成工事高評点X1
経営規模評点評点X2
経営状況評点Y
技術力評点Z
技術職員数点数Z1
 ・Z1テーブル
元請完工高点数Z2
その他評点W
技術職員資格区分
建設業業種区分
特殊事例
経審改正
関連サイト
建設業財務諸表解説
経審ランキング