経審(経営事項審査)の解説

経審(経営事項審査)の解説 >  経審改正(経営事項審査改正) >  令和3年4月経審改正案
              >  経理の状況(W5) >  改正の背景

改正の背景 | 経理の状況(W5)

企業会計基準が頻繁に大きく変化する中で、継続的に専門的な研修を受講することで、 最近の会計情報等に関する知識を習得することが重要となっているところ、 公認会計士及び税理士については、資格取得後の研修の受講が義務化される方向にあります。

公認会計士

公認会計士は、内閣府令で定めるところにより、日本公認会計士協会が行う資質の向上を図るための 研修を受けるものとする。

罰則としては、履修勧告・氏名等公表・資格停止・退会勧告などがあります。

税理士

税理士は、所属税理士会及び日本税理士会連合会が行う研修を受け、その資質の向上を図るように努めなければならない。

罰則としては、氏名公表があります。

お知らせ

  1. 上記内容は、国土交通省の配布資料を基に作成しています。

トップ
免責事項
サイト運営者
経審申請(経営事項審査申請)
経営状況分析申請
経営規模・総合評定値請求
経営規模 手数料一覧表
工種間完工高積み上げ(振替)
総合評点(P)
完成工事高評点(X1)
経営規模評点評点(X2)
経営状況評点(Y)
技術力評点(Z)
その他評点(W)
技術職員資格区分
建設業業種区分
特殊事例
経審改正
令和3年4月改正案
令和2年4月改正案
平成30年4月改正
平成28年11月改正
平成28年6月改正
平成27年4月改正
平成24年7月改正
平成23年4月改正
平成20年4月改正
平成18年5月改正
平成16年3月改正
平成15年10月改正
平成14年7月改正
平成14年4月改正
用語解説