経審(経営事項審査)の解説

経審(経営事項審査)の解説 >  経審改正(経営事項審査改正) >  令和3年4月経審改正案
              >  知識及び技術又は技能の向上に関する取組の状況(W10)
              >  技術者点

技術者点

技術者点は、10点満点を想定しています。

背景

i-Construction などの施工のICT化が進展し、新たな技術の活用がより一層重要となる中、技術者は常に最新の技術を習得するため、 継続的な技術研鑽が必要となっています。しかし、監理技術者資格者証の取得に5年毎の講習受講が必要とされているものの、 施工管理技士が永久資格となっているなど、技術研鑽は個人の自主性に委ねられています。

評価する内容

学会・業団体等において認定されているCPDプログラムにおいて、 当該建設業者に属する技術者1人当たりが1年間に取得したCPDの単位をもって評価します。

評点一覧

基準日前1年間における技術者1人当たりのCPD取得単位数 評点
○○以上 10
○○以上○○未満
○○以上○○未満
○○以上○○未満
○○以上○○未満
○○未満

お知らせ

  1. 上記改正案の内容は、国土交通省の配布資料を基に作成しています。

トップ
免責事項
サイト運営者
経審申請(経営事項審査申請)
経営状況分析申請
経営規模・総合評定値請求
経営規模 手数料一覧表
工種間完工高積み上げ(振替)
総合評点(P)
完成工事高評点(X1)
経営規模評点評点(X2)
経営状況評点(Y)
技術力評点(Z)
その他評点(W)
技術職員資格区分
建設業業種区分
特殊事例
経審改正
令和3年4月改正案
令和2年4月改正案
平成30年4月改正
平成28年11月改正
平成28年6月改正
平成27年4月改正
平成24年7月改正
平成23年4月改正
平成20年4月改正
平成18年5月改正
平成16年3月改正
平成15年10月改正
平成14年7月改正
平成14年4月改正
用語解説