経審(経営事項審査)の解説

経審(経営事項審査)の解説 >  技術職員資格区分コード表

技術職員資格区分コード表 | 経審(経営事項審査)の解説

技術職員資格区分コード表は法律ごとに記載しています。

  1. 建設業法
  2. 建築士法、技術士法
  3. 電気工事士法、電気事業法、電気通信事業法、水道法、消防法
  4. 職業能力開発促進法(その1)
  5. 職業能力開発促進法(その2)
  6. その他

解体工事業追加に伴い、多くの資格区分ードが追加

平成28年6月改正の解体工事業追加に伴い、多くの資格区分ードが追加されました。

解体工事の技術職員資格コードはこちらをご覧下さい。
経過措置の技術職員資格コードはこちらをご覧下さい。

お知らせ

解体工事業はこちらをご覧下さい。
「とび・土工・コンクリート工事・解体工事(経過措置)」はこちらをご覧下さい。

技術職員数の自動カウント

経審ソフト経審大臣(R)シリーズでは、作成した技術職員名簿を読み込むと、 自動的に1級が何人、2級が何人など、自動計算して、評点算出画面に人数を自動設定できます。 資料請求でフリー版ソフトを無料でお送りしています。


トップ
免責事項
サイト運営者
経審申請(経営事項審査申請)
経営状況分析申請
経営規模・総合評定値請求
経営規模 手数料一覧表
工種間完工高積み上げ(振替)
総合評点P
完成工事高評点X1
経営規模評点評点X2
経営状況評点Y
技術力評点Z
その他評点W
技術職員資格区分
建設業法
建築・技術士法
電気工事士法他
職業能力(その1)
職業能力(その2)
その他
業種コードと加点業種
建設業業種区分
特殊事例
経審改正
関連サイト
建設業財務諸表解説
経審ランキング