経審(経営事項審査)の解説

経審(経営事項審査)の解説 >  技術職員資格区分コード表 >  経過措置

経過措置の技術者資格区分 |  経審(経営事項審査)の解説

とび・土工・コンクリート工事・解体工事(経過措置)(業種コード99)を選択したときに、 有効な技術者資格コードを表示しています。

建設業法

コード 資格区分 業種 点数
11A 一級建設機械施工技士(附則第4条該当) 土と舗解 5
21B 二級建設機械施工技士(第1種~第6種)(附則第4条該当) 土と舗解 2
11C 一級土木施工管理技士(附則第4条該当) 土と石鋼舗しゅ塗水解 5
21D 二級土木施工管理技士(土木)(附則第4条該当) 土と石鋼舗しゅ水解 2
21E 二級土木施工管理技士(薬液注入建築)(附則第4条該当) と解 2
12A 一級建築施工管理技士(附則第4条該当) 建大左と石屋タ鋼筋板ガ塗防内絶具解 5
22B 二級建築施工管理技士(躯体)(附則第4条該当) 大とタ鋼筋解 2

技術士法

コード 資格区分 業種 点数
14A 建設・総合技術監理(建設)(附則第4条該当) 土と電舗しゅ園解 5
14B 建設「鋼構造及びコンクリート」・総合技術監理(建設「鋼構造及びコンクリート」)(附則第4条該当) 土と電鋼舗しゅ園解 5
14C 農業「農業土木」・総合技術監理(農業「農業土木」)(附則第4条該当) 土と解 5
14D 水産「水産土木」・総合技術監理(水産「水産土木」)(附則第4条該当) 土としゅ解 5
15A 森林「森林土木」・総合技術監理(森林「森林土木」)(附則第4条該当) 土と園解 5

職業能力開発促進法

コード 資格区分 業種 点数
16B 型枠施工(1級)(附則第4条該当) 大 と 解 2
26B 型枠施工(2級)(附則第4条該当) 大 と 解 1
15B とび・とび工(1級)(附則第4条該当) と 解 2
25B とび・とび工(2級)(附則第4条該当) と 解 1
17A コンクリート圧送施工(1級)(附則第4条該当) と 解 2
27A コンクリート圧送施工(2級)(附則第4条該当) と 解 1
16C ウェルポイント施工(1級)(附則第4条該当) と 解 2
26C ウェルポイント施工(2級)(附則第4条該当) と 解 1

民間資格・その他

コード 資格区分 業種 点数
06A 地すべり防止工事(附則第4条該当) と 井 解 1

:新設コード
アルファベットで終わる資格は経過措置期間内(3年間)のみ有効。

附則第4条該当

とび・土工の技術者(法施行前の平成28年5月31日までに資格要件を満たしている者)を、 解体工事業の技術者として記載する際には、 附則第4条該当のコード(アルファベットで終わるコード)を使用する必要があります。 経過措置期間内(3年間)のみ有効です。

技術職員業種コード「99」の使用で、技術職員1人につき、3業種まで

とび・土工・コンクリート工事・解体工事(経過措置)」の業種コード「99」を使用すると、 「とび・土工・コンクリート工事」と 「解体工事」双方の技術職員として申請できます。 この場合に限り、1人の技術職員について申請できる業種数は3つまでになります。 業種コードと加点業種の関係はこちらをご覧下さい。

点数5点(1級)は講習受講で6点

1級技術者の点数5点は、講習受講で6点になります(1級監理受講者)。 技術職員区分はこちらをご覧下さい。

技術職員数の自動カウント

経審ソフト経審大臣(R)シリーズでは、作成した技術職員名簿を読み込むと、 自動的に1級が何人、2級が何人など、自動計算して、評点算出画面に人数を自動設定できます。 資料請求でフリー版ソフトを無料でお送りしています。


トップ
免責事項
サイト運営者
経審申請(経営事項審査申請)
経営状況分析申請
経営規模・総合評定値請求
経営規模 手数料一覧表
工種間完工高積み上げ(振替)
総合評点P
完成工事高評点X1
経営規模評点評点X2
経営状況評点Y
技術力評点Z
その他評点W
技術職員資格区分
建設業法
建築・技術士法
電気工事士法他
職業能力(その1)
職業能力(その2)
その他
業種コードと加点業種
建設業業種区分
特殊事例
経審改正
関連サイト
建設業財務諸表解説
経審ランキング