経審(経営事項審査)の解説

経審(経営事項審査)の解説 >  技術職員資格区分コード表 >  技術職員区分

技術職員区分 | 経審(経営事項審査)の解説

区分 点数 対象者
1級監理受講者 6点 技術者を対象とする国家資格の1級又は技術士法に基づく資格を有し、 監理技術者資格者証を保有していて、かつ、監理技術者講習修了証を保有している場合。
1級技術者 5点 技術者を対象とする国家資格の1級を有する者(上記1級監理受講者を除く)
技術士法に基づく資格を有する者(上記1級監理受講者を除く)
基幹技能者 3点 登録基幹技能者講習の修了者
2級技術者 2点 技術者を対象とする国家資格の2級を有する者
技能者を対象とする国家資格の1級を有する者
その他技術者 1点 技術者を対象とする国家資格の2級+実務経験を有する者
実務経験による主任技術者

経営規模等評価結果通知書・総合評定値通知書」には、技術職員数の以下の該当欄に合計人数が記載されます。

  1. 一級:1級技術者の合計人数(1級監理受講者の人数を含む)
  2. (講習受講):1級監理受講者の合計人数
       (講習受講)の人数が一級の人数を超えることはありません
  3. 基幹:基幹技能者の合計人数
  4. 二級:2級技術者の合計人数
  5. その他:その他技術者の合計人数

登録基幹技能者講習

国土交通大臣の登録を受けた基幹技能者講習を、審査基準日以前に修了した者については、経営規模等評価において得点対象となります。 登録基幹技能者講習については、財団法人建設業振興基金ホームページ をご覧下さい。

重複業種の制限

経営事項審査の評価の際には、1人の技術者が加点対象となりえるのは、2業種までです。 但し、建設業法に基づいて現場に配置しなければならない監理技術者等については、 1人の技術者が複数の資格を持っていれば、複数の業種で監理技術者等になることができます。

技術職員数の自動カウント

経審ソフト経審大臣(R)シリーズでは、作成した技術職員名簿を読み込むと、 自動的に1級が何人、2級が何人など、自動計算して、評点算出画面に人数を自動設定できます。 資料請求でフリー版ソフトを無料でお送りしています。


トップ
免責事項
サイト運営者
経審申請(経営事項審査申請)
経営状況分析申請
経営規模・総合評定値請求
経営規模 手数料一覧表
工種間完工高積み上げ(振替)
総合評点P
完成工事高評点X1
経営規模評点評点X2
経営状況評点Y
技術力評点Z
その他評点W
技術職員資格区分
建設業法
建築・技術士法
電気工事士法他
職業能力(その1)
職業能力(その2)
その他
業種コードと加点業種
建設業業種区分
特殊事例
経審改正
関連サイト
建設業財務諸表解説
経審ランキング