経審(経営事項審査)の解説

経審(経営事項審査)の解説 >  経審申請(経営事項審査申請) >  改元に伴う年表示の取り扱い

改元に伴う年表示の取り扱い | 経審申請(経営事項審査申請)

改元に伴う年表示の取り扱いについて、政府は、 改元日前までに作成した文書で「平成」を用いているものは改元後も有効とし、 改元日以降に作成する文書は「令和」とすることと申し合わせしました。詳細は以下のウェブサイトをご覧下さい。

  1. 国土交通省 改元に伴う元号による年表示の取扱い及び情報システム改修等への対応について
  2. 経済産業省 改元に伴う企業等の情報システム改修等への対応
  3. 日刊建設工業新聞 2019年4月8日記事 国交省/工事等件名の元号表記

経営状況分析手数料 7千円(税別:CIAC.JP)

(株)建設業経営情報分析センターでは、 分析手数料7千円(税別)で経営状況分析申請を受付中。 資料請求でフリーソフトを無料でお送りします。 (*)フリーソフトも新元号『令和』・複数社に対応。 会社データの切り替えもワンタッチ。

お知らせ・ご注意

  1. マイクロソフト社の新元号への対応については、下記マイクロソフト社サイトをご覧下さい。
       新元号への対応について
       Windows 用の日本の新元号対応更新プログラムについて
  2. 新元号『令和』への対応は、Windowsだけでなく、Microsoft Office, .Net Frameworkなど、多岐にわたります。

トップ
免責事項
サイト運営者
経審申請(経営事項審査申請)
経営状況分析申請
経営規模・総合評定値請求
経営規模 手数料一覧表
工種間完工高積み上げ(振替)
総合評点P
完成工事高評点X1
経営規模評点評点X2
経営状況評点Y
技術力評点Z
その他評点W
技術職員資格区分
建設業業種区分
特殊事例
経審改正
関連サイト
建設業財務諸表解説
経審ランキング