経審(経営事項審査)の解説

経審(経営事項審査)の解説 >  経審申請(経営事項審査申請) >  経営状況分析申請
              >  経営状況分析ではより詳細にチェックが行われます

経営状況分析ではより詳細にチェックが行われます

建設業財務諸表は、建設業許可を取得していれば、決算終了後に許可行政庁に提出しますが、 経営状況分析では建設業財務諸表の仕訳チェックなどがより詳細に行われます。

経審では、建設業許可業種ごとの評点を算出するため、建設業と兼業の仕訳、 さらには許可業種ごとの完成工事高の仕訳が必要になるためです。 建設業と兼業の仕訳についてはこちらをご覧下さい。

このため、すでに許可行政庁に提出済の建設業財務諸表でも、経営状況分析時に修正を求められるケースもあります。


トップ
免責事項
サイト運営者
経審申請(経営事項審査申請)
経営状況分析申請
経営規模・総合評定値請求
経営規模 手数料一覧表
工種間完工高積み上げ(振替)
総合評点P
完成工事高評点X1
経営規模評点評点X2
経営状況評点Y
技術力評点Z
その他評点W
技術職員資格区分
建設業業種区分
特殊事例
経審改正
関連サイト
建設業財務諸表解説
経審ランキング