経審(経営事項審査)の解説

経審(経営事項審査)の解説 >  経審申請(経営事項審査申請) >  経営規模等評価申請・総合評定値請求
              >  工種間完工高積み上げ(振替)

工種間完工高積み上げ(振替) | 経営規模等評価申請・総合評定値請求

許可業種間で、完成工事高(元請完工高を含む)を他の工事種類に加算して申請することができます。 積み上げ(振替)を行うことで、完成工事高と元請完工高のアップによって、総合評点Pがアップし、入札申請時に有利になります。

一方、元の許可業種では入札申請できないなどのデメリットもあります。

土木一式工事への積み上げ

土木一式工事への積み上げは、以下の専門工事を積み上げることができます。
(*)許可行政庁によって積み上げできる専門工事や工事内容の判断が異なる場合があります。

とび・土工・コンクリート工事、石工事、鋼構造物工事、舗装工事、しゅんせつ工事、
水道施設工事、解体工事

上記の専門工事のうち、土木に関するものだけが積み上げできるなど一部制約があります。

建築一式工事への積み上げ

建築一式工事への積み上げは、以下の専門工事を積み上げることができます。
(*)許可行政庁によって積み上げできる専門工事や工事内容の判断が異なる場合があります。

大工工事、左官工事、とび・土工・コンクリート工事、屋根工事、電気工事、管工事、
タイル・れんが・ブロック工事、鋼構造物工事、鉄筋工事、板金工事、ガラス工事、
塗装工事、防水工事、内装仕上工事、熱絶縁工事、建具工事、解体工事

上記の専門工事のうち、建築に関するものだけが積み上げできるなど一部制約があります。

専門工事間の積み上げ

専門工事の間で、相互に積み上げできます。
(*)許可行政庁によって積み上げできる専門工事や工事内容の判断が異なる場合があります。

とび・土工・コンクリート工事 <==> 石工事
とび・土工・コンクリート工事 <==> タイル・れんが・ブロック工事
屋根工事 <==> 板金工事
電気工事 <==> 電気通信工事
電気工事 <==> 消防施設工事
管工事 <==> 熱絶縁工事
管工事 <==> 水道施設工事
管工事 <==> 消防施設工事
鋼構造物工事 <==> 鉄筋工事
建具工事 <==> 内装仕上工事
建具工事 <==> ガラス工事

お知らせ・ご注意

  1. 経審ソフト 経審大臣Premium(R)では、 工種間完工高積み上げ(振替)による評点変化を簡単に把握できます。
  2. 積み上げを行った場合には、元の許可業種では、経審を受審できないため、入札申請できないなどのデメリットもあります。 また、許可行政庁や公共工事発注元によっても対応が異なる場合がありますので、申請前にご確認下さい。
  3. 積み上げを行う業種または工事内容の詳細につきましては、許可行政庁のウェブサイトなどでご確認下さい。 積み上げできる業種・工事内容などの最終判断は許可行政庁が行いますので、申請前に許可行政庁にご確認下さい。
  4. 一部の完成工事高及び元請完成工事高のみを積み上げすることは認められていません。 指定業種の全ての完成工事高及び元請完成工事高を積み上げ(振替)します。
  5. 積み上げを行った完成工事高及び元請完成工事高は、公共工事発注元によっては、 工事実績として認められない場合もあります。

トップ
 ・
免責事項
 ・サイト運営者
経審申請(経営事項審査申請)
 ・経営状況分析申請
 ・経営規模・総合評定値請求
 ・工種間完工高積み上げ(振替)
総合評点P
経営状況評点Y
技術力評点Z
その他評点W
技術職員資格区分コード
経審改正(経営事項審査改正)
建設業業種区分