経審(経営事項審査)の解説

経審(経営事項審査)の解説 >  用語解説 >  建設業許可

建設業許可

建設工事を請け負う場合には、建設業法第3条に基づき建設業の許可を受けなければなりません。 ただし、「軽微な建設工事」のみを請け負う場合には、必ずしも建設業の許可を受けなくてもよいこととされています。

大臣許可と知事許可

建設業許可は、大臣許可と知事許可の2種類があります。

大臣許可は、二つ以上の都道府県の区域内に、営業所を設けて営業しようとする場合に必要になります。 一方、知事許可は、一つの都道府県の区域内のみに、営業所を設けて営業しようとする場合になります。

お知らせ・ご注意

  1. 大臣許可と知事許可は、営業所の所在地で区分されるもので、営業し得る区域または建設工事を施工し得る区域に制限はありません。
  2. 建設業許可については、国土交通省の以下のウェブサイトをご覧下さい。
       国土交通省 建設業許可とは

トップ
免責事項
サイト運営者
経審申請(経営事項審査申請)
経営状況分析申請
経営規模・総合評定値請求
経営規模 手数料一覧表
工種間完工高積み上げ(振替)
総合評点(P)
完成工事高評点(X1)
経営規模評点評点(X2)
経営状況評点(Y)
技術力評点(Z)
その他評点(W)
技術職員資格区分
建設業業種区分
特殊事例
経審改正
用語解説